地域集客のために その参--マチデザ

地域のお客様を対象にしているご商売の場合は、自分のお店、会社などがどれくらいの範囲に広告をうてば良いかを考えましょうというお話をしました。

さて、広告ってどんなものがあるか列記してみましょう。

 

・ポスティングチラシ

・新聞折り込み広告

・駅前、店頭呼び込みや配付

・フリーペーパーに広告を載せる

・駅貼りポスター

・電柱広告

・野立看板 etc.

 

web系ですと、facebookやLine、googleやYahoooなどでリスティング広告というものがうてますが、これは今回外しておきましょう。

 

イメージしやすいのはポスティングチラシと新聞折り込み広告、フリーペーパーなどでしょうか。皆さんも知っていることと思いますが、ポスティングは反応率が0.3%~0.5%と言われています。新聞折り込み広告も、近年新聞を取る家が減っているので、効果が期待できないと言われてますね。しかし、そもそも広告を打たなければ、そこ見お店があることも、その商品がいい商品であることも、お得な価格だということも伝えることはできません。

ポスティングの反応率の話は、商売の内容とどの範囲を対象にしているかで大きく変わってくる話だと思います。そもそも何十キロという広範囲をターゲットにしているご商売の話ではありませんので、近隣地域のお客様に伝わればいいのです。余りに遠い場所の話だと「他人事」ですが、この地域のいいお店や美味しい商品の話は「自分事」なのです。そういう内容が書かれている広告に対しての意識は、全国を対象とした大企業の広告に対してのそれとは別なんじゃないでしょうかね。つまり、身近なものにはちゃんと反応するんじゃないかと思うんですが、いかがでしょうか。もちろん、広告の内容もそのような作りになってなきゃいけないと思いますが。

 

ポスティングに関しては、前回青葉区の戸数を例にあげましたので、必要な枚数が出たと思います。それでは新聞折り込み広告は、どれくらいの枚数が必要かというと、

 

       朝日新聞 讀売新聞 

美しが丘   6650部  6250部

たまプラーザ 7400部  6200部

荏田     3950部  3450部

市が尾    4450部  3750部

柿生南部   3750部  4000部

柿生     2950部  3550部

鴨志田    3200部  2750部    

もえぎ野   2900部  2500部

藤が丘    3950部  3600部

青葉台    5400部  4150部

 

となります。この他の地域などはお問い合わせください。

これを見ると、結構な部数を配付しなければならないことがわかりますね。しかも、新聞折り込みは一度やって効果がすぐ出るものではありません。継続することも効果を上げるひとつの方法です。これから、新聞折り込み広告をやってみようと考えている方は、ぜひご参考にしてください。

 

 

 

 

お問い合わせ

 

運営:有限会社デザインスペースマジック

 

 

 

ブログ村ランキングに参加しています。ポチッとしてください。

にほんブログ村 その他生活ブログ 看板・サインへ
にほんブログ村 デザインブログ デザイン会社・デザイン事務所へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横浜(市)情報へ
アクセスカウンター
無料サイト登録型自動相互リンク集 - LinQoo